独立開業を望むならハウスクリーニングを選ぼう【需要のある事業】

男性

戦略が重要

男性と女性

高齢者や女性からのマッサージのニーズが高まっており、整骨院の開業を目指す柔道整復師が増えています。開業には、資金と地域の利用者にファンになってもらうための戦略が必要です。資金は、親戚や金融機関からの借入など、あらゆる角度で検討しましょう。そして、戦略が練っておくと、ローンの早期返済へとつながります。

Read

専門業者に依頼する

メンズ

整骨院を開業する際に、何度か経験がある場合を除き、専門の業者に任せるのがおすすめで、手間を省けます。ただ、整骨院の開業業者を選ぶためには、計画書を見せてもらって、どのようなところなのか、不動産業者とのやりとりや、資金の調達に力を貸してくれるのかチェックしましょう。

Read

家事代行で独立する

ウーマン

清掃会社で経験を積む

ハウスクリーニングは特別な資格が必要ないため、比較的簡単に独立開業できる仕事です。また基本的に初期投資も少額で済みますし、ランニングコストもかからないのが特徴です。とはいえリピーターを獲得し、経営を安定した軌道に乗せるためには、プロとして恥ずかしくないサービスを提供しなければなりません。まったくの初心者がハウスクリーニングを開業するには、まず清掃会社で経験を積むのが一般的です。清掃会社にも全国規模の大手から個人経営の店まで、さまざまな種類があります。どんな規模でも経営が上手くいっているところなら、専門的なノウハウを身につけられるでしょう。ただし独立開業した後は、本人の営業努力が成功の鍵になります。

フランチャイズのメリット

清掃会社に就職するほかに、ハウスクリーニングのノウハウを教えているビジネススクールで学ぶ方法もあります。清掃だけでなく経営の基礎も学べる点はメリットですが、学費が必要になりますし修行期間の収入はありません。手っ取り早く開業したいなら、ハウスクリーニングのフランチャイズに加入するのもひとつの方法です。専門的な技術をしっかりと身につけられるのがポイントで、実際に多くの未経験者が利用しています。また大手のフランチャイズであればネームバリューが味方して、開業後の営業がしやすくなるというメリットもあります。一定の開業資金やロイヤリティは必要ですが、それを支払うだけの余裕がある方には人気のあるシステムです。

後継者不足などによる問題

ビル

会社を事実上継続することが困難になるケースがあります。後継者不足や、事業の採算もんだいなど理由は様々ですが、事業譲渡などもできず会社をたたむケースがこれになります。会社売却は専門家に相談することがおすすめです。

Read