戦略が重要|独立開業を望むならハウスクリーニングを選ぼう【需要のある事業】

独立開業を望むならハウスクリーニングを選ぼう【需要のある事業】

メンズ

戦略が重要

男性と女性

柔道整復師の国家資格を取得すると、整骨院を開業することができるようになり、地域医療を担う一員として活躍できるようになります。高齢化による高齢者の治療ニーズ、女性の社会進出によるニーズ、健康ブームによる運動疲労によるニーズなど、老若男女問わず、整骨院は利用される可能性があります。また、整骨院は健康保険や国民健康保険の適用があり、利用者が手軽な料金で通えることも、開業を促す理由の1つとなっています。このような理由から、柔道整復師の資格を取得し、現場での経験を積みながら資金を貯め、開業を目指す方が増えています。また、今後ますます進む高齢化や女性の社会進出によって、柔道整復師のニーズは、さらなる拡大が期待されています。

柔道整復師として開業するには、まとまった資金と地域の利用者にファンになってもらうための戦略が必要です。まず、資金については、何もない状態からスタートする場合、500万円〜1,000万円程度が必要と言われており、大きなヤマ場となります。国や地方自治体の融資制度や、助成金の活用は大変効果的ですが、これだけでは十分な資金とは言えないケースがほとんどです。開業前の資金準備や、親戚や家族の協力、民間金融機関からの開業融資など、さまざまな角度から検討していく必要があります。返済のことを考えると先が不安となるでしょうが、柔道整復師業は飲食店と異なり、原価がほとんどかかりません。商売が軌道にさえ乗れば、短期間でローンを完済することも十分可能なのです。ただし、商売を軌道に乗せるためには、地域の住民の方々にしっかりとファンになってもらう必要があります。地域にライバルがいる場合には、マッサージの腕を日々しっかりと磨いたり、他店にはないオリジナリティを出すなどの工夫が必要です。オリジナリティの例としては、営業時間を夜間中心にしたり、エステや美容室、はり灸などの他業種と連携した店舗などが考えられます。